社員紹介

エルビーに入社したきっかけ

学生時代には、コンビニエンスストアでアルバイトをし、
接客を経験したことで、私はモノづくりの仕事をしてみたいと思いました。
東海工場に職場見学に来て、普段よく目にする紙パック飲料が出来上がっていく工程を
順に見ていき、仕事のイメージを持つことができました。
地元企業での紙パック飲料の製造を、ぜひやってみたいという意思が
決め手となりエルビーへの就職を決めました。

仕事内容

私はエルビーに2019年4月に入社し、働き始めてまだ3か月です。
はじめの研修期間は工場全体の見学をしました。
東海工場の製造部は、調合、充填、包装という大きく3つのエリアに分かれています。
学生の時の職場見学よりも時間を掛けじっくりと見ることで、想像以上に工場内が広くて色々な仕事があるのだと感じました。
研修期間終了後から6月いっぱいは「調合」で計量の仕事を行いました。
計量は飲料の原料となる粉末や液体を量る仕事です。
飲料のレシピがあるのでそれに基づき量っていくため、正確性が求められます。
計量には順序も大切なのですが、一度計量の順序を間違えてしまったこともありました。
この時は先輩からも指導を受け注意深く仕事する大切さを学びました。

7月から「充填」に移りました。
今は先輩から指導を受け、廃棄パックの処理を担当しています。
まだ始まったばかりですので、これからどんな仕事を任せてもらえるか楽しみです。

職場の雰囲気

東海工場はおよそ70名の社員がいて若い社員も多いです。
色々な方がいる中で、私は、遊びや趣味の話が面白く、
でも仕事がしっかりできる先輩がいて尊敬しています。

また、何かわからないことがあったときにすぐにだれにでも聴ける環境で、
職場のみなさんに支えられていると感じています。

将来の目標やチャレンジしたいことは、正直まだ想像できませんが、
今は何より任された仕事をしっかりと覚えることが大切だと思っています。